セブンイレブンのコーヒーの売れる理由を五感から考えました

投稿者:

セブンイレブンのコーヒーはなぜ飲みやすいのか?

昨日、夜遅くの帰り道、歩きながら、「夜道は冷えるねぇ」と、思い、セブンイレブンでホットコーヒーのMサイズを買いました。

普段あまりコンビニを使わないので、コンビニコーヒーを飲む機会がほとんどありません。

セブンイレブンのコーヒーは、おいしいという話を聞いていました。

個人的な感想ですが、

コーヒーを飲んでみると味覚の感じるところが少ないように思いました。

酸味が主張するでもなく、苦味が強いわけでもなく。

しかし、コーヒーのにおいはしっかり感じます。

個人的なフレグランスなどのにおいの印象で、「当たり障りのない、なんとなくいいにおいが1番いい」という持論を持っています。

万人受けするには、いいにおいより、当たり障りのない、なんとなくいいにおいが一般受けすると思っています。

男からみて女性のフレグランスで、ぼんやりとした石けんの香りが受けがいい、に、似ています。

コーヒーの話に戻りますが、セブンイレブンのコーヒー、まさに味覚で感じる感覚が弱いように感じました。

悪く言うとにおいがなければ、コーヒーとわからない。

ひょっとして普段飲まないアメリカンなのか?とも思いました。

一般受けする安くて美味しいコーヒーは、味覚の感覚を少しだけ刺激して、においがいいコーヒー。付け足すなら焙煎したときの少し焦げ臭があるともっとコーヒーらしく感じる。

セブンイレブンのコーヒーはそんなバランスのある印象でした。

冷めても酸味が強くならず、苦味が強くならず。

なんとなく味覚ではコーヒーの平均的なところを押さえつつ、コーヒーのにおいがしっかりするコーヒー。

そんな印象。

言い方を変えると特徴的なコーヒーではない。

そんな感じでしょうか。

夜遅くの帰り道、こんなことを考えながらコーヒーを飲み干すのでした。

コーヒーもにおいの印象が大事なんだなぁと思う帰り道。

#嗅ぎトレ #コーヒー #セブンイレブン #嗅覚 #エッセイ #コラム 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA