著者プロフィール

荘司博行

 

香りの専門家、株式会社バスクリン所属の調 香 師 。(取材依頼はこちら
1 4 0 種 以 上 の 製 品の香りを手掛ける。2014 年ソチオリンピック日本選 手団向け入浴剤の香りも担当。
多くのプロアスリートにも、手がけた香りの入浴剤のファンが多い。
一般社団法人日本能 率協会が選ぶ「サラリーマン100 選」のひとりにも選ば れる。(サラリーマン100選
病気に縁のない健康体であったが、45 歳の時に 受けた脳ドックで脳動脈瘤が見つかる。手術をし、人に は寿命があることを改めて痛感し、健康法に強い興味 を抱き始める。
「人は鼻以外でもにおいを感じ、認知症 になると嗅覚機能が低下する」と知って以来、認知症 や病気を予防するにおいの影響や嗅覚について研究 する。
嗅覚、においを使ってアロマテラピーとは少し違った科学的視点で、体の負担が少ない健康法、ストレス低減、病気予防、認知症予防を提唱、各地に広めている。
調香師の経験から得た嗅覚の特性を活かした独自の視点が定評。
出版以来、各メディアで取り上げられ「嗅ぎトレ」が各地で大反響を呼んでいる。(メディア履歴
すこしずつ、嗅覚、においの嗅ぎ方、嗅ぎトレの大切さが認知されはじめ、各地で広まりはじめる。
著者の信条は「すべてをにおいで解決」「においのチカラ は無限大∞」。